六面体メッシュ生成

2012年7月7日

はじめに

六面体メッシュ生成について。

使用バージョン

Salome-Meca 2012.1 (Salome 6.4.0)

六面体メッシュ生成

円筒において六面体メッシュ生成を行ってみる。"Partition" を使ってブロック分けする。

円筒を作る。

底に点を作る (メニュー [New Entitiy]-[Basic]-[Point])。

わかりにくいが、8 点ある。

線を作る (メニュー [New Entitiy]-[Basic]-[Line])。

やはりわかりにくいが、8 本ある。

線を上に延ばして面を作る (メニュー [New Entitiy]-[Generation]-[Extrusion]、ベクトルは [New Entitiy]-[Basic]-[Vector])。

円筒を "Partition" (メニュー [Operations]-[Partition]) により面でつぎつぎに分割していく。

これで六面体でメッシュ生成可能なブロックが 5 つできた。

高さ方向の分割数を指定するため、縦のエッジのグループを作っておく (Object Browser でオブジェクトを右クリック、"Create Group")。

メッシュは "Assign a set of hypotheses" で "3D: Automatic Hexahedralization" で作ればよい。

上で作ったエッジのグループに sub-mesh で分割数を指定する。

メッシュの作成 (Object Browser でメッシュを右クリック、"Compute")。