押し出しによるメッシュ生成

2012年7月7日

はじめに

押し出し (extrusion) によるメッシュ生成について。

使用バージョン

Salome-Meca 2012.1 (Salome 6.4.0)

押し出しによるメッシュ生成

円筒のように、同じ形状の面が向かい合っていて、その側面で直交格子状にメッシュ生成できるとき、押し出し (extrusion) によるメッシュ生成が可能である。

円筒を考える。その上面、底面、側面のグループをそれぞれ作っておく。

まず、円筒のメッシュ設定を作成する ("Mesh" モジュールのメニュー [Mesh]-[Create Mesh])。Algorithm に "3D extrusion" を設定する。

続いて、底面のメッシュ設定を sub-mesh として作る (メニュー [Mesh]-[Create Sub-mesh])。ここでは "Radial quadrangle 1D2D" を使う。

上面のメッシュは、底面のメッシュを写すようにする。sub-mesh で、Algorithm に "Projection 2D" を使う。

Hypothesis で "face" に底面を設定する。

側面は "Assign a set of hypotheses" で "2D: Automatic Quadrangulation" を設定すればよい。

これでメッシュを作成 (Object Browser でメッシュを右クリック、"Compute")。

中身もばっちり (画面右クリック、"Clipping" で表示)。