OpenMDAO のセットアップ

2014年6月8日

はじめに

OpenMDAO のセットアップについて。

使用バージョン

OpenMDAO 0.9.7、Ubuntu 12.04 LTS、Linux Mint 13 LTS

OpenMDAO とは?

OpenMDAO (Opensource Multidisciplinary Design Analysis and Optimization) は、さまざまなコンポーネントから構成されたシステムの設計や、解析、最適化を行うためのプラットフォームである。オープンソースである (Apache License 2.0)。

セットアップ

インストールマシンはネットにつながっている必要がある。

まず、ここ から "go-openmdao-*.py" をダウンロード。

ドキュメントに従い、必要とされるパッケージをインストール。

  • python-dev
  • python-numpy
  • python-scipy
  • python-matplotlib
  • gfortran

これらだけだと、インストール時に yaml.h、zmq.h がないというエラーが出るので、以下もインストール。

  • libyaml-dev
  • libzmq-dev

インストール。

$ mkdir ~/build/OpenMDAO
$ cp go-openmdao-0.9.7.py ~/build/OpenMDAO
$ cd ~/build/OpenMDAO
$ python go-openmdao-0.9.7.py

openmdao-0.9.7 というディレクトリが作成される。

以下のようなエラーが出た。

************************************************
Configure: Autodetecting ZMQ settings...
    Custom ZMQ dir:       
build/temp.linux-x86_64-2.7/scratch/tmp/easy_install-fIBNCs/pyzmq-13.1.0/temp/timer_createDhgKop.o: In function `main':
timer_createDhgKop.c:(.text+0x15): undefined reference to `timer_create'
collect2: ld はステータス 1 で終了しました
    ZMQ version detected: 2.1.11
Warning: Detected ZMQ version: 2.1.11, but pyzmq targets ZMQ 3.2.2.
Warning: libzmq features and fixes introduced after 2.1.11 will be unavailable.
************************************************

ここ から以下のものをダウンロードしてインストール。

  • libzmq3_4.0.4+dfsg-2_amd64.deb
  • libzmq3-dev_4.0.4+dfsg-2_amd64.deb
$ sudo apt-get remove libzmq-dev
$ sudo dpkg -i libzmq3_4.0.4+dfsg-2_amd64.deb libzmq3-dev_4.0.4+dfsg-2_amd64.deb

インストールのやりなおし。

$ rm -r openmdao-0.9.7
$ python go-openmdao-0.9.7.py

上のメッセージが以下のように変わった。

************************************************
Configure: Autodetecting ZMQ settings...
    Custom ZMQ dir:       
build/temp.linux-x86_64-2.7/scratch/tmp/easy_install-DeBajD/pyzmq-13.1.0/temp/timer_createFPZ9D3.o: In function `main':
timer_createFPZ9D3.c:(.text+0x15): undefined reference to `timer_create'
collect2: ld はステータス 1 で終了しました
    ZMQ version detected: 4.0.4
Warning: Detected ZMQ version: 4.0.4. pyzmq's support for libzmq-dev is experimental.
************************************************

エラーが出ているように見えるが、最後のメッセージが以下のようになっており、問題なさそうにも見える。

The OpenMDAO virtual environment has been installed in
 /home/cfd/build/OpenMDAO/openmdao-0.9.7

From /home/cfd/build/OpenMDAO/openmdao-0.9.7, type:

. bin/activate

to activate your environment and start using OpenMDAO.

起動と終了

OpenMDAO 環境の有効化。

$ . openmdao-0.9.7/bin/activate

終了。

$ deactivate

テストの実行

テストの実行。

$ . openmdao-0.9.7/bin/activate
$ openmdao test
...

Ran 838 tests in 205.066s

OK

$ deactivate

GUI の起動テスト

GUI を起動。

$ . openmdao-0.9.7/bin/activate
$ openmdao gui

ブラウザ (ふつうは Firfox) が起動して、GUI が表示される。

"New Project" ボタンで、適当な名前でプロジェクトを作成してみる。

インストール先の変更

インストール先を移動するには、セットアップスクリプトを用いて、つぎのようにする。

$ . openmdao-0.9.7/bin/activate
$ python go-openmdao-0.9.7.py --relocatable

ZIP ファイルが作成される。これを移動先で展開。

$ mv openmdao-0.9.7-linux-x86_64.zip ~/opt
$ cd ~/opt
$ unzip openmdao-0.9.7-linux-x86_64.zip
$ rm openmdao-0.9.7-linux-x86_64.zip

スクリプトを実行して終了。

$ cd openmdao-0.9.7
$ python script-fixer.py
$ deactivate

ここでは ~/opt/ に移動させている。

起動エイリアス

起動 (activate) がめんどくさいので、つぎのようなエイリアスを作っておけばよいかもしれない。

~/.bashrc

alias openmdao_activate='. ~/opt/openmdao-0.9.7/bin/activate'