面データの取得

2012年11月7日

はじめに

OpenFOAM の計算結果から面データを取得する。

使用バージョン

OpenFOAM 2.1.1

面データの取得

  1. paraFoam を起動する。
    $ paraFoam
    
  2. Object Inspector の "Mesh Parts" でデータを取得したい面にチェックを入れて、Apply。
  3. "Extract Block" フィルターを適用、目的の面だけ選ぶ。
  4. 画面右上の小さな 4 つのボタンの一番左のボタン (画面を縦に分割する) を押して新規ウインドウを表示、"Spreadsheet View" を選択。数値データが得られる。
  5. ファイルに出力する場合は、メニュー [File]-[Save Data] で CSV 形式で保存できる。"Write All Time Steps" で全時間ステップのデータを出力できる。

積分値や平均値の取得

積分値がほしい場合は、さらに "Integrate Variables" フィルターを適用する。

平均値がほしい場合は、Integrate Varibales のスプレッドシートで "Cell Data" を選ぶと面積 (Area) が得られるので、必要なデータをその値で割ればよい。フィルターで計算させたい場合は、さらに "Calculator" を適用して、"Cell Data" で Area で割るようにすればよい。

時系列データの取得

積分値などの時系列データがほしい場合は、"Plot Selection Over Time" フィルターを適用する。スプレッドシートで表示させたいデータの行を選択して "Copy Active Selection" を押し、Apply ボタンを押せばグラフが表示される。表示させるデータの選別は、Object Inspector の "Display" タブで行える。