OpenFOAM のデバッグ情報の出力

2020年6月27日

バージョン

OpenFOAM v1912

OpenFOAM のデバッグ情報の出力

OpenFOAM のライブラリのコードに、以下のようなデバッグ用出力のコードがある。

            if (debug)
            {
                Info<< algorithmName_ << " loop:" << endl;

                Info<< "    " << fieldName
                    << " PIMPLE iter " << corr_
                    << ": ini res = "
                    << residualControl_[fieldi].initialResidual
                    << ", abs tol = " << residuals.last()
                    << " (" << residualControl_[fieldi].absTol << ")"
                    << ", rel tol = " << relative
                    << " (" << residualControl_[fieldi].relTol << ")"
                    << endl;
            }

これを出力させたい場合は、同じファイル内で以下のようなコードを探す (上のほうにあるはず)。

namespace Foam
{
    defineTypeNameAndDebug(pimpleControl, 0);
}

この 0 を 1 に書き換えてコンパイルしなおすと、デバッグ情報が出力されるようになる。