OpenFOAM データ集

2019年1月25日

はじめに

OpenFOAM 用の個人的データ置き場です。活用していただいてかまいませんが、これらの利用によるいかなる結果に対しても責任は負いません (免責事項)。形状データとケースデータ以外は (たぶん) GPL に従います。

形状

ミキシングエルボー

入口を in1、in2、出口を out とする。

ケース

ミキシングエルボー

OpenFOAM 2.2.2

条件

  • 流体は空気
  • in1 : 0.2 m/s、20 ℃
  • in2 : 1 m/s、40 ℃
  • out : 大気圧
  • 壁面 : non slip、断熱

rhoReactingBuoyantFoam

物質輸送のテスト。

pimpleFoam

pimpleFoam による定常解析のテスト。

任意方向の流入境界条件の試み。斜めの流れの出側の条件がミソ。

ソルバー

myPotentialFoam

圧縮性流体に対応した potentialFoam。

simplecFoam

SIMPLEC ソルバー。

simpleParcelFoam

OpenFOAM 6

OpenFOAM 2.2.2

粒子計算追加版 simpleFoam。

myBuoyantSimpleFoam

OpenFOAM 2.2.2

buoyantSimpleFoam 改造版。

  • 運転密度 rhoOp と運転圧力 pOp の導入
  • incompressiblePerfectGas 利用可能 (pEqn.H 修正)

myBuoyantPimpleFoam

OpenFOAM 2.2.2

buoyantPimpleFoam 改造版。

  • 運転密度 rhoOp と運転圧力 pOp の導入

myScalarTransportFoam

OpenFOAM 2.2.2

scalarTransportFoam 改造版。

  • 乱流拡散の導入

非定常項に steadyState を用いて収束判定を無効にすれば、定常解析も可能。

rhoReactingBuoyantSimpleFoam

OpenFOAM 2.2.2

rhoReactingBuoyantFoam の SIMPLE 版 (buoyantSimpleFoam 参考)。

  • 運転密度 rhoOp と運転圧力 pOp の導入
  • incompressiblePerfectGas 利用可能 (pEqn.H 修正)

rhoReactingBuoyantPimpleFoam

OpenFOAM 2.2.2

rhoReactingBuoyantFoam 改造版 (buoyantPimpleFoam 参考)。

  • 運転密度 rhoOp と運転圧力 pOp の導入

rhoReactingBuoyantSimplePimpleFoam

OpenFOAM 2.2.2

rhoReactingBuoyantPimpleFoam の steadyState 対応版。

ツール

calcInitTurbQuantity

乱流諸量の初期化。

calcTurbIntensity

乱流強度の出力。

calcMixingLength

混合長の出力。

calcG

乱流エネルギー生成項の出力。

calcProperties

各種特性の出力。

convertYiXi

質量分率から体積分率への変換。

ライブラリ

thermophysicalModels

thermophysicalModels 改造版。

  • specie/transport/const/constTransportI.H を修正
    reactingFoam 系において transport で const を使うと 0 割りが起こるのを避けるため
  • specie/equationOfState/incompressiblePerfectGas/incompressiblePerfectGasI.H
    PIMPLE 系において incompressiblePerfectGas を使うと発散するのを避けるため

ここでコンパイルが必要なライブラリは specie のほうではなく basic と reactionThermophysicalModels。

turbulenceModels

turbulenceModels 改造版。

  • 大気解析境界条件 (atmBoundaryLayer*) の追加 (非圧縮性/圧縮性)

finiteVolume

finiteVolume 改造版。

  • cfdTools/general/solutionControl/pimpleControl/pimpleControl.H, pimpleControl.C を修正
    PIMPLE で定常解析を行うときの収束判定の仕組みを追加
    PIMPLE
    {
        nNonOrthogonalCorrectors 0;
        nOuterCorrectors 1;
        nCorrectors 2;
        steadyState true; // 定常解析
    
        residualControl
        {
            p
            {
                relTol          0;
                tolerance       1e-2;
            }
            U
            {
                relTol          0;
                tolerance       1e-3;
            }
            "(k|epsilon|omega)"
            {
                relTol          0;
                tolerance       1e-3;
            }
        }
    }
    
  • cfdTools/general/solutionControl/pimpleControl/pimpleControl.C
    PIMPLE で pFinal の緩和が使えるように修正