逆流を許す出口条件の検証

2013年8月28日

はじめに

逆流を許す出口条件の検証。

使用バージョン

OpenFOAM 2.2.1

ファイル

出口条件の比較

逆流を許す出口条件について検証する。simpleFoam のチュートリアルケース pitzDaily を用い、循環領域の途中で出口を作り、いくつかの出口条件を比較する。

オリジナルケースの結果を循環領域でクリップした結果を示す。

以下の出口条件を比較する。

  • U: zeroGradient, p: fixedValue
  • U: pressureInletOutletVelocity, p: fixedValue
  • U: pressureInletOutletVelocity, p: outletInlet
  • U: pressureInletOutletVelocity, p: totalPressure

結果

U: zeroGradient, p: fixedValue

U

    outlet
    {
        type            zeroGradient;
    }

p

    outlet
    {
        type            fixedValue;
        value           uniform 0;
    }

U: pressureInletOutletVelocity, p: fixedValue

U

    outlet
    {
        type            pressureInletOutletVelocity;
        value           uniform (0 0 0);
    }

p

    outlet
    {
        type            fixedValue;
        value           uniform 0;
    }

U: pressureInletOutletVelocity, p: outletInlet

U

    outlet
    {
        type            pressureInletOutletVelocity;
        value           uniform (0 0 0);
    }

p

    outlet
    {
        type            outletInlet;
        outletValue     uniform 0;
        value           uniform 0;
    }

U: pressureInletOutletVelocity, p: totalPressure

U

    outlet
    {
        type            pressureInletOutletVelocity;
        value           uniform (0 0 0);
    }

p

    outlet
    {
        type            totalPressure;
        value           uniform 0;
        gamma           1.4;
        p0              uniform 0;
    }

比較

どのケースも質量保存により逆流はするが、圧力分布が比較的オリジナルに近いのは、 totalPressure のケースである。