Netgen で OpenFOAM 用メッシュを作る

2011年4月29日

はじめに

Netgen を使って OpenFOAM 用メッシュを作ってみる。

使用バージョン

Netgen 4.9.13 (Windows 版)

ファイル

サンプル STL ファイル

mixing_elbow.stl.gz

Netgen でメッシュを作る

モデルの読み込み

  1. Netgen を起動。
  2. メニュー [File]-[Load Geometry...] で STL ファイルを読み込む。

メッシュの作成

  1. メニュー [Mesh]-[Analyze Geometry]
  2. メニュー [Mesh]-[Mesh Surface]
  3. メニュー [Mesh]-[Optimize Surface]
  4. メニュー [Mesh]-[Surface Optim. Step]-[Mesh Smoothing]
  5. メニュー [Mesh]-[Mesh Volume]
  6. メニュー [Mesh]-[Optimize Volume]
  7. メニュー [Mesh]-[Smooth Opt Volume]

あるいは単に "Generate Mesh" ボタン (メニュー [Mesh]-[Generate Mesh]) でよいかもしれない。

メッシュの細分化

  1. メニュー [Refinement]-[Refine uniform]
  2. メニュー [Mesh]-[Optimize Volume]
  3. メニュー [Mesh]-[Smooth Opt Volume]

できたメッシュ。

境界の設定

メニュー [Mesh]-[Edit Boundary Conditions...] でダイアログを表示。モデルの境界をダブルクリックすると赤く表示され、境界に対応した番号がダイアログに表示される。それぞれの境界に対して任意の番号を設定する。別々の境界に同じ番号を設定すると、同じひとつの境界として設定される。

メッシュの出力

  1. メニュー [File]-[Save Mesh...] でメッシュを保存。
  2. メニュー [File]-[Export Filetype] から "OpenFOAM" を選択。
  3. メニュー [File]-[Export Mesh...] で OpenFOAM 用メッシュを出力。

constant ディレクトリができる。

IGES/STEP ファイルを使う

Netgen で IGES/STEP ファイルを扱うには、OpenCASCADE (OCC) 使用版 Netgen を使う必要がある。

ファイルを読んだ後、メニュー [Geometry]-[IGES/STEP Topology Explorer/Doctor...] で "Heal geometry" を実行する。あとのメッシュ作成手順は STL の場合と同じ。また、メニュー [File]-[Save Geometry...] で STL ファイルを保存できるので、STL に変換してから作業してもよいかもしれない。