2 成分系の相図の作成

2015年8月10日

はじめに

DWSIM で 2 成分系の相図を作成する方法について。

バージョン

DWSIM Ver. 3.4, Build 5646、ChemSep 7.01 LITE

2 成分系の相図の作成

  1. たとえば、成分としてベンゼン、トルエンを選択。
  2. メニュー [Utilities]-[Binary Envelope]

Peng-Robinson 式を使用。赤線は沸点曲線 (液相線)、緑線は露点曲線 (気相線)。

2 成分系の相図の見方

たとえば、ベンゼン 50% の液体は、0.5 の線の交点から、365 K 付近で気化し始め、372 K 付近で完全に気体になることがわかる。気化し始めに生じる気体のベンゼンの割合は 365 K の線の交点から約 71 %、完全に気体になる寸前の液体のベンゼン割合は 372 K の線の交点から約 30 % である。完全に気体になったときのベンゼン割合は 50% である。

370 K のときの気体の割合は、(370 - 365)/(372 - 365) = 0.714、71〜72% くらいと見積もれる。

上記のことは、ベンゼン 50% の stream を作って温度をいろいろ変えてみれば確かめられる。