R をインストールするメモ

2018年1月26日

はじめに

R をインストールするメモ。

使用環境

Ubuntu 16.04 LTS

R のインストール

Ubuntu のコードネームを確認。

$ cat /etc/lsb-release
DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=16.04
DISTRIB_CODENAME=xenial
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 16.04.3 LTS"

リポジトリを設定。/etc/apt/sources.list に以下を追加。

deb https://cran.ism.ac.jp/bin/linux/ubuntu xenial/

鍵を登録。

$ gpg --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-key E084DAB9
$ gpg -a --export E084DAB9 | sudo apt-key add -

上記 1 行目の実行で以下のようなエラーが出た。

gpg: 「/home/xxx/.gnupg/pubring.gpg」が開けません

~/.gnupg/pubring.gpg の所有権が root になっていた。

ls -l ~/.gnupg/pubring.gpg
-rw------- 1 root root 0 10月 24 15:33 /home/xxx/.gnupg/pubring.gpg

chown で所有者を変更して対応。

R をインストール。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install r-base

RStudio のインストール

こちら からダウンロード。

$ sudo apt install ./rstudio-xenial-1.1.419-amd64.deb

OpenFOAM のパスが通っているとコマンドからは起動できなくなるので、デスクトップから起動する。

参考

古い