Jupyter Notebook で R を使う

2016年3月21日

はじめに

Jupyter Notebook で R を使うためのセットアップを行う。

環境

  • Windows 7 64 bit
  • MSYS2 64 bit (MinGW w64)
  • Anaconda for Windows (Python 2.7)
  • R x64 3.2.3

IRkernel のセットアップ

Jupyter で R を用いるには、IRkernel というカーネルをインストールする。

パッケージのインストールのため、R を管理者権限で起動し、次のように実行する。

> install.packages(c('repr', 'IRkernel', 'IRdisplay'),
+                  repos = c('http://irkernel.github.io/', getOption('repos')))

いくつかパッケージがインストールされる。

 パッケージ ‘stringi’ は無事に展開され、MD5 サムもチェックされました
 パッケージ ‘magrittr’ は無事に展開され、MD5 サムもチェックされました
 パッケージ ‘stringr’ は無事に展開され、MD5 サムもチェックされました
 パッケージ ‘evaluate’ は無事に展開され、MD5 サムもチェックされました
 パッケージ ‘rzmq’ は無事に展開され、MD5 サムもチェックされました
 パッケージ ‘jsonlite’ は無事に展開され、MD5 サムもチェックされました
 パッケージ ‘uuid’ は無事に展開され、MD5 サムもチェックされました
 パッケージ ‘digest’ は無事に展開され、MD5 サムもチェックされました
 パッケージ ‘base64enc’ は無事に展開され、MD5 サムもチェックされました
 パッケージ ‘IRkernel’ は無事に展開され、MD5 サムもチェックされました
 パッケージ ‘IRdisplay’ は無事に展開され、MD5 サムもチェックされました

続けて、次のように実行する。

> IRkernel::installspec()

カーネルがユーザーフォルダの "AppData\Roaming\jupyter\kernels\ir" にインストールされる。カーネルの情報はこの中にある kernel.json に次のように書かれている。

{
  "argv": ["C:/PROGRA~1/R/R-32~1.3/bin/x64/R", "--slave", "-e", "IRkernel::main()", "--args", "{connection_file}"],
  "display_name": "R",
  "language": "R"
}

Jupyter を次のように実行してみる。

$ jupyter qtconsole --kernel=ir

これで問題なく R のコードを実行できたら、Jupyter Notebook でも問題なく動くはず。