Miniconda のインストール

2020年6月9日

はじめに

Miniconda のインストールについて述べる。

Miniconda は、Python 実行環境 Anaconda の最小構成である。使うパッケージが限定されていて、自分でインストールするのが面倒でない場合は、こちらのほうがよい場合がある。

環境

  • Ubuntu 16.04 LTS
  • Miniconda3

ダウンロード

こちら から Minicoda3 をダウンロードする。

インストール

ファイルをシェルで実行する。

$ sh Miniconda3-latest-Linux-x86_64.sh

いくつか質問される。

Please, press ENTER to continue
>>>

Enter を入力すると、ライセンスが表示される。

Do you accept the license terms? [yes|no]
[no] >>>

問題なければ yes と入力する。

[/home/xxxx/miniconda3] >>>

インストール先を指定する。

Do you wish the installer to initialize Miniconda3
by running conda init? [yes|no]
[no] >>>

初期設定が必要なら yes とする。初期設定すると、~/.bashrc に設定が書き込まれる。端末を再起動すると、勝手に Miniconda3 が有効になる。

初期設定と有効化

端末起動時、Miniconda を勝手に有効にしたくなければ、下記のように実行する。

$ conda config --set auto_activate_base false

設定は ‾/.condarc に書き込まれる。

手動で有効にするには、次のようにする。

$ conda activate

無効にするには、次のように実行する。

$ conda deactivate

初期設定しなかった場合は、conda のパスすら通らない。次のように実行すれば Miniconda が有効になる。

$ eval "$(/home/xxxx/miniconda3/bin/conda shell.bash hook)"

※zsh などのシェルを使っている場合は、"bash" を使っているシェルに置き換える。

手動で初期設定するには、次のように実行する。

$ conda init

コマンドによるインストール

コマンドでインストールすることもできる。

$ sh Miniconda3-latest-Linux-x86_64.sh -p ./miniconda3 -b

-b はバッチモードである。-p でインストール先を指定する。

アインインストール

アンインストールは、Miniconda3 のディレクトリを削除し、ホームディレクトリのいくつかの設定ファイルを削除あるいは修正する。

  • .condarc
  • .conda/environments.txt

~/.bashrc の設定も削除する。