AWS CLI

2019年8月8日

はじめに

AWS のコマンドラインインターフェイス (CLI) について。

環境

  • Anaconda3 (Python 3.7)

AWS CLI のセットアップ

AWS CLI は pip でインストールできる。

$ pip install awscli

アクセスキーID、シークレットアクセスキーが必要なので、作成する。

  • ルートアカウントでログインし、IAM コンソールを開く。
  • [ユーザー] をクリック。アクセスキーを発行するユーザー名をクリック。
  • [認証情報] タグをクリック。[アクセスキーの作成] をクリック。

アクセスキーID、シークレットアクセスキーを入手したら、AWS CLI の設定を行う。

$ aws configure
AWS Access Key ID [None]: xxxx
AWS Secret Access Key [None]: xxxx
Default region name [None]: ap-northeast-1
Default output format [None]: text

output format は、デフォルトでは JSON になる (人間にはわかりにくい)。

AWS CLI のコマンド

RDS

DB インスタンスの情報を取得

$ aws rds describe-db-instances

DB インスタンスの停止

$ aws rds stop-db-instance --db-instance-identifier mydbinstance

完全に停止するまでに少し時間がかかる。

DB インスタンスの再開

$ aws rds start-db-instance --db-instance-identifier mydbinstance

DB インスタンスの削除

最終スナップショットを作成し、自動バックアップを保持しない。

$ aws rds delete-db-instance --db-instance-identifier mydbinstance --final-db-snapshot-identifier final-snapshot-mydbinstance --delete-automated-backups

DB インスタンスの復元

$ aws rds restore-db-instance-from-db-snapshot --db-instance-identifier mydbinstance --db-snapshot-identifier final-snapshot-mydbinstance

スナップショットの削除

$ aws rds delete-db-snapshot --db-snapshot-identifier final-snapshot-mydbinstance

Lambda

関数を呼び出す

$ aws lambda invoke --invocation-type RequestResponse --function-name test --region ap-northeast-1 out.txt

Windows 上でバッチファイルで実行する場合は、頭に call をつける必要がある。

データを渡すには "--palyload" を用いる。

$ aws lambda invoke --invocation-type RequestResponse --function-name test --region ap-northeast-1 --payload "{¥"var¥": ¥"value"}" out.txt