NERDTree を使う

2018年6月2日

はじめに

VIM のブラグイン NERDTree は、VIM でディレクトリ階層のツリービューを表示させることができる。

要するに、VIM を Atom ぽくできる。じゃあ Atom 使えばいいやんという話になるが、Atom は起動が遅くてちょっと…とか、VIM のほうが使いやすい人向け。

環境

Ubuntu 16.04 LTS

セットアップ

まず、NeoBundle をインストールする。

$ curl https://raw.githubusercontent.com/Shougo/neobundle.vim/master/bin/install.sh | sh

以下のような出力が出てくるので、~/.vimrc の先頭にコピー & ペーストする (パスが環境によって異なるので注意)。

"NeoBundle Scripts-----------------------------
if &compatible
  set nocompatible               " Be iMproved
endif

" Required:
set runtimepath+=/home/xxx/.vim/bundle/neobundle.vim/

" Required:
call neobundle#begin(expand('/home/xxx/.vim/bundle'))

" Let NeoBundle manage NeoBundle
" Required:
NeoBundleFetch 'Shougo/neobundle.vim'

" Add or remove your Bundles here:
NeoBundle 'Shougo/neosnippet.vim'
NeoBundle 'Shougo/neosnippet-snippets'
NeoBundle 'tpope/vim-fugitive'
NeoBundle 'ctrlpvim/ctrlp.vim'
NeoBundle 'flazz/vim-colorschemes'

" You can specify revision/branch/tag.
NeoBundle 'Shougo/vimshell', { 'rev' : '3787e5' }

" Required:
call neobundle#end()

" Required:
filetype plugin indent on

" If there are uninstalled bundles found on startup,
" this will conveniently prompt you to install them.
NeoBundleCheck
"End NeoBundle Scripts-------------------------

VIM を再起動すると、NeoBundle をインストールするか聞かれるので、y を入力。

つづいて、NERDTree のセットアップ。~/.vimrc の "call neobundle#begin" と "call neobundle#end()" のあいだに以下を追加。

NeoBundle 'scrooloose/nerdtree'

VIM を再起動すると NERDTree をインストールするか聞かれるので、y を入力。

使い方

VIM を起動して、":NERDTreeToggle" と打つと NERDTree が起動するが、めんどくさいので、~/.vimrc で以下のように設定する。

map <C-t> :NERDTreeToggle<CR>

Ctrl+T で起動するようになる。

"?" を押すとヘルプが出る。戻るにはまた "?" を押す。

参考