ローカルメールサーバーのセットアップ

2017年11月23日

はじめに

LAN 内でのみ使うメールサーバーのセットアップを行う。

以下のサイトを参考にさせていただいたが、設定の意味はよくわかっていません。

環境

CentOS 7

セキュリティの設定

作業は root で行う。

SELinux を無効にする。

/etc/selinux/config

SELINUX=disabled

デスクトップメニュー [アプリケーション]-[諸ツール]-[ファイアウォール] で smtp, pop3, imap にチェックを入れる。

送信サーバーの設定

postfix をインストール。

# yum install postfix

postfix の開始と自動起動設定。

# service postfix start
# chkconfig postfix on

サーバーの設定。とりあえず localhost で使えるようにする。

/etc/postfix/main.cf

mydomain = example.local
myorigin = $mydomain
inet_interfaces = all
inet_protocols = ipv4
mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost, example.local
mynetworks = localhost
home_mailbox = Maildir/

"example.local" は好きな名前にする。

サーバーの再起動。

# service postfix restart

テスト用のユーザーの作成。

# useradd user1 -s /sbin/nologin
# passwd user1
# useradd server1 -s /sbin/nologin
# passwd server1

/var/spool/mail のアクセス権を設定。

# chmod 777 /var/spool/mail

受信サーバーの設定

Dovecot (ダヴコット) のインストールと起動。

# yum install dovecot
# service dovecot start
# chkconfig dovecot on

サーバーの設定。

/etc/dovecot/dovecot.conf

#protocols = imap pop3 lmtp
protocols = imap pop3 lmtp

#listen = *, ::
listen = *

/etc/dovecot/conf.d/10-mail.conf

#mail_location =
mail_location = maildir:~/Maildir

/etc/dovecot/conf.d/10-auth.conf

#disable_plaintext_auth = yes
disable_plaintext_auth = no

#auth_mechanisms = plain
auth_mechanisms = plain login

サーバーの再起動。

# service dovecot restart

送信・受信テスト

Evolution をインストールする。

# yum install evolution

サーバーに 127.0.0.1 を指定してアカウントを作成。user1 から server1 にメールを送り、server1 でメールを受け取れるか確認する。

LAN 内で使えるように設定

上記では localhost で使えるようにしたので、LAN 内で使えるように設定する。

/etc/postfix/main.cf

#mynetworks = localhost
mynetworks = localhost, xxx.xxx.xxx.0/24

/etc/dovecot/dovecot.conf

#login_trusted_networks =
login_trusted_networks = xxx.xxx.xxx.0/24

"xxx.xxx.xxx.0/24" のところは具体的に IP アドレスを指定する。

サーバーの再起動。

# service postfix restart
# service dovecot restart