VirtualGL を使う

2020年6月28日

はじめに

リモートで OpenGL を使うための VirtualGL について。

環境

Ubuntu 16.04 LTS/CentOS 7.5

セットアップ

Ubuntu 16.04

こちら から .deb ファイルを入手してインストールする。

$ sudo dpkg -i virtualgl_2.6.3_amd64.deb

設定。

$ sudo vglserver_config

1) Configure server for use with VirtualGL
2) Unconfigure server for use with VirtualGL
X) Exit

Choose:
1

Restrict 3D X server access to vglusers group (recommended)?
[Y/n]
n

Restrict framebuffer device access to vglusers group (recommended)?
[Y/n]
n

Disable XTEST extension (recommended)?
[Y/n]
y

TuboVNC をインストールする。別に VNC サーバーが入っていれば削除する。

$ sudo dpkg -i turbovnc_2.2.4_amd64.deb
$ sudo apt-get remove vnc4server

パスを通す。

~/.bashrc

export PATH=/opt/TurboVNC/bin:$PATH

CentOS 7.5

yum でインストールする。VNC で繋ぐので VNC サーバー (TigerVNC) を入れる。

# yum install VirtualGL
# yum install tigervnc-server

VirtualGL を使う

リモートから VNC で接続して、OpenGL を利用したプログラムを以下のように実行する。

$ vglrun ./nbody

あるいは、vncserver 起動時に -vgl をつければよいらしい。

うまくいかないパターン

PyQt + VTK ではうまく行かない。

参考: Fwd: VTK + PyQt5 + VirtualGL not working